HOME > スタッフブログ > 大工さんの腕

大工さんの腕

2021-06-01

こんにちは。宮部です。

本日は岐阜市にて工事が進むK様邸へ現場確認に行ってきました。

その中で、一見ありきたりな作業でも、よくよく考えたらすごい技術だなと思ったシーンがあったので、お伝えしようと思います。

 

一見梁と柱にボードが打ち付けてある、造作工事中ではよく目にするシーンです。

ですが、

赤でチェックされている所には電気配線があり、更に先に配線が来ていたことでボード側の穴は後から開けられたものです。

ピッタリハマっていることが、私の眼にはスゲーとなったわけです。

 

この凄腕をもう少しご紹介します!

まずは採寸。

続いてボードに印を付け、穴をあけます。

これを運び、微調整します。

ちなみにこのボード、1枚でもそこそこ重量があります。

大工さんって結構力持ちなんです。

結果、このボード貼りが実現しています。

 

大工さんからしたら何てことない日常的な作業なんでしょうが、

現場で作業しない私からすれば、「すげ~」と感心します。

 

リグスタイルのお家は、こんな「すげ~」腕を持つ職人さんの協力があって成り立ちます。

どんなによい計画の家でも、形にしてくれるのは現場の職人さんたち。

感謝感謝です。

 

この作業の一連の流れはYOUTUBEでも動画で見ることが出来ます。

 

是非、職人さんの「すげ~」をチェックしてみてください!!

岐阜市を中心に、高気密高断熱とパッシブデザインで、注文住宅、新築一戸建てを手掛ける、LIG STYLE COMPANY(リグスタイルカンパニー)の宮部でした!

Copyright ©2018 LIG STYLE Co.,Ltd. All Rights Reserved.