HOME > スタッフブログ > 現場確認

現場確認

2020-12-01

こんにちは。宮部です。

私の仕事はお客様へ注文住宅のご提案を行う事だけでなく、

現場が問題なく順調に進んでいるのか、自分の目でも確認することも大切な仕事です。

まぁ、言うまでもなく当然の事なんですが、

この現場廻りは新しいアイディアを生んでくれたり、

効率的により良くするために職人さんと話をしたり、

やっぱこのデザインカッコいいなぁと自画自賛したりと、

気付きを得ることもできます。

 

という事で今日は岐阜市正木で工事が進むK様邸へ。

今日感じられた自画自賛は外部のレッドシダーの貼り方。

このお宅の南面は、袖壁は窓に向かって斜めに、

軒天井もサッシに向かって斜めにすることで、

風が室内に吸い込まれていくようなイメージでデザインしています。

 

これはパッシブデザインの「通風利用」を考慮したデザインです。

決して見た目だけのデザインではありません。

 

全てのデザインには意味がある。

 

見た目だけのデザインなら誰でもできますが、

快適性だったり、省エネ性だったり、+αの提案を織り交ぜています。

これも昔、現場へ出向いて生まれたアイディアだったりもします。

 

パッシブデザインだけでなく、根拠に基づいたデザインに興味のある方は、

是非一度見学、そして体感して頂くとお分かりいただけると思います。

MODELHOUSE

岐阜市を中心に、高気密高断熱とパッシブデザインで、注文住宅、新築一戸建てを手掛ける、LIG STYLE COMPANY(リグスタイルカンパニー)の宮部でした!

Copyright ©2018 LIG STYLE Co.,Ltd. All Rights Reserved.