HOME > ニュースレター > NL 2019年9月号

NL 2019年9月号

定期的に、お家づくりの豆知識やお役立ち情報を発信しています。現場のコト、コーディネイトのコト、家づくりの進め方など、これからお家づくりをされる方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

DESIGN 「キッチンパネルって?」

毎日使うキッチン。食べ物を扱う場所ですからキレイに保ちたいという思いはありますが、食材や調味料、水などでどうしても汚れがち。そんなキッチンの壁面にオススメの素材が「キッチンパネル」です。

 

キッチンパネルとは、IHなどの加熱機器や水道の蛇口周辺の壁面に取り付ける、パネル状の壁面仕上げ材。汚れが付きづらく、もし付いたとしても落ちやすい表面加工がしてあるので、汚れが拭き取りやすくなっています。クロスのように汚れが染み入りやすくないですし、タイルのように目地もないのでお手入れが簡単。水や熱に強いのでキッチンに広く用いられています。

 

キッチンパネルの素材はさまざまですが、一般的なのはメラミン樹脂加工がされているもの。ホワイトやグレーといった単色はもちろん、石目調・木目調などもあります。

 

キッチンの壁面は他の空間に比べて広いスペースではないものの、壁は目線に入りますし、毎日立つところですので、その選び方は重要。キッチンパネルだけを見て選ぶのではなく、周りの壁や天井のクロス、キッチンキャビネットやキッチンに置く収納棚などとの相性も吟味しましょう。可能であればキッチンを扱うショールームに足を運んで実物を確認してください。きっとベストなものを選べるでしょう。

 

「お家づくりでこだわりたいところは?」という質問への、奥さまの回答ダントツ第1位は「キッチン」! 毎日使うところだから、せっかくお家を建てるなら、より使いやすいものを選びましょう!

 

 

COLUMN「理想の土地に巡り合うためのポイント」

 

現在、お家づくりを検討されている方の中には、このような、お悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

「早く家を建てたい!でも土地がない!」

「自分たちで探しているけど、なかなかピンとくる土地に巡り会えない…」

「良い土地だと思ってもすぐに無くなってしまう…」

当然人気なエリアであれば自分たち以外にもライバルが沢山いるので尚更ですよね。

 

そんな中、不動産屋さんから「良い土地に巡り会えるのは運命」と言われ、そのように考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、運命を信じて待っていれば、良い土地というのは本当に現れるのでしょうか?

 

それはあまり現実的ではありませんよね。では、どうすれば良いか?

 

答えは簡単です。良い土地と運命的な出会いを果たすことができるのは、常に行動している人だけです。ただ、どうしても自分たちだけの力では限界もありますよ。そこで、一つ目のポイントです。

 

ポイント①  工務店に一声かける

なぜなら、地域に密着した地元工務店は、地元不動産会社と常に情報を共有し、持ちつ持たれつの関係を築いています。工務店が家を建てたいと思う人に最新の情報を提供できるのは、不動産会社と連絡を取り合い、地元の情報を集めているからです。

 

自分の足だけを使って情報を集めるのは、思っているよりも時間と労力を使いますし、普段のお仕事をしながら探すとなるとなかなか大変です。

 

「土地のことも、工務店に相談していいの?」と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。

 

工務店は家づくりのプロです。ご家族が、どんな家を建てたいのか?理想の家づくりを叶えるために、どんな土地を手に入れれば、そのご家族が幸せに暮らすことができるのか? 工務店の営業マンは、家を建てようとする人の希望にしっかりと耳を傾け、ご家族にとって最適な土地を一緒に考えます。

 

「工務店に土地の相談をしたら、売り込まれるんじゃないの?」

 

そんな心配をされる方も少なくありませんね。確かに、実際に売り込もうとする工務店があるのも事実かもしれません。そこで2つ目のポイントです。

 

ポイント② 家族の話を聞いてくれる「営業マン」

いい土地に巡り会えるかどうかは、その営業マンが、家族全員のことを本当に理解して、考えてくれる営業マンなのかどうか? つまり、自分のことのように考えて動いてくれるかにかかってきます。

 

ですから、良い営業マンに出会えたら、良い土地に巡り会える、と言っても過言ではないかもしれません。

 

それに、良い営業マンや工務店は、家づくりを真剣に考えるご家族の想いに反して売り込もうなんてことは、まずしないでしょう。この二つのポイントが、成功する土地探しの秘訣です。

 

自分たち家族の思いをしっかりと理解してくれる工務店、営業マンなのかどうかは、実際に話を聞いてみないと分かりません。まずは、見学会や相談会に足を運んで、気軽に相談をしてみることからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

きっと、いい営業マンが見つかるはずですよ^^

 

 

LIFESIZE 「ご飯の炊き方に裏技」

日本人の主食であるお米。今更ご飯の炊き方なんて…と思われるでしょうが、意外に知られていない裏技があります。とても簡単なたった1つの事をすれば、格段に美味しくご飯が炊き上がります。

 

たった1つの工夫…それは「氷」を使う事。

 

まずはお米をとぎます。冷水で優しく2〜3回。次に水を入れたら30分〜1時間程冷蔵庫に入れて浸水。そして、炊飯の直前に氷を入れます。1合につき氷は1ブロック。氷が入るぶん、水は減らしましょう。

 

この様にしっかり浸水させたお米の場合、炊飯器の「早炊き」モードで一気に炊きましょう。より美味しくなるそうです。

 

なぜ美味しくなるかというと、炊飯器内の水が沸騰するまでの時間が長くなる程、米の芯まで水分が浸透し、ふっくら炊けるから。氷を入れる事により、自ずと水温が下がり沸騰までに時間がかかるというわけです。

 

私もこの裏技、実践していますが、普通に炊くより明らかにふっくらツヤツヤに炊き上がります。気になる方は、ぜひ今日のご飯から早速お試しくださいね^^

 

 

THINK 「大きな家を支える小さな金物」

  

「ホールダウン金物」という、お家を作るうえで重要な役割を果たす金物についてご紹介します。

 

「ホールダウン金物」とは、構造上大切な基礎、土台、柱の3つを繋ぐ耐震金物のことを指します。建物と基礎をしっかり固定するための接合金物で、基本的にはお家の四隅に取り付けます。この金物がないと、地震などの強い衝撃を受けた際に土台から柱が抜けてしまい、せっかく建てたお家が倒壊してしまう恐れが出てきます。ですので「ホールダウン金物」はしっかりと正しい位置に取り付ける必要があり、施工をする職人さんも気合が入るところです。

 

しかし、「ホールダウン金物があれば地震対策はバッチリ!」というわけではなく、土地の地盤、壁の耐力面材、ホールダウン以外のその他の金物…など、多くの要素が相まって、大事なお家を支えているのです。

 

 

今月は、ここまで^^

また、次回もお楽しみに!!

 

 

 

Copyright ©2018 LIG STYLE Co.,Ltd. All Rights Reserved.