HOME > 注文住宅コラム > 今月の金利情報

今月の金利情報

2019-06-08

 

住宅金融支援機構(東京都文京区)が民間金融機関と提供するフラット35の2019年6月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下(返済期間が21年以上35年以下)

金利幅は月は若干金利が下がりました。

1.27%(前月より-0.02%)~1.96%

今月は、全体的に金利が下がりましたので、フラット35史上最安値である、金利1.20%台を継続しています。

 

 

◆融資率9割以下(返済期間が20年以下)

こちらも金利幅が引き下げになりました。

1.21%(前月より-0.02%)~1.90%

 

◆融資率が9割超(返済期間が21年から35年以下)

1.71%~2.40%

◆融資率9割超(返済期間が20年以下)

1.65%~2.34%

 

メガバンク、ネットバンクなど、他の金融機関が、中期固定、長期固定の金利を引き下げるのと同じく、今月のフラット35は、金利を引き下げました。ここ数か月で金利が上がったのは先月のみで、いまだに1.30%台を切るフラット35史上の低金利を継続しています。

 

今月の住宅ローンの全体的な動向は、多くの金融機関が変動金利及び短期固定金利を据え置く一方で、中期固定金利の一部、及び長期固定金利を引き下げています。

 

ちなみに、今月の金利低下は行き過ぎており、来月は金利を引き上げる金融機関が増えると考えられます。その理由は、世界の金利を左右する米国の長期国債の金利が底打ちしており、日本の長期国債の金利も反転の兆しが見えるからです。

 

いずれにせよ、現在の住宅ローン金利は過去最低水準にあり、新規借り入れ、借り換え共に絶好の機会であることに疑う余地はありません。

 

すでに物件を購入している方は、将来の金利上昇に備え、借り換えを検討するのも良いでしょう。新たに物件購入を検討している方は、物件価格が低下傾向にある今のうちに物件を購入し、住宅ローンを組むのも、賢い選択の一つかもしれません。

 

リグスタイルカンパニーでは、フラット35以外にも、ご家族それぞれに合わせた住宅ローンのご提案を行っています。これから家づくりを始める方で、住宅ローンや資金計画に不安がある方は、ぜひご相談ください。

 

それではまた^^

 

 

Copyright ©2018 LIG STYLE Co.,Ltd. All Rights Reserved.