HOME > 注文住宅コラム > 注文住宅の住宅ローンについて①

注文住宅の住宅ローンについて①

2016-10-24

 

お家づくりを考え始めて、勉強してみたところ、住宅ローンの種類や複雑さで驚かれた方も多いのではないでしょうか?

 

憧れのマイホームは手に入れたいけれど、いつ建てるのが一番の建て時か?

 

そんな事を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいませm(_ _)m

 

 

 

住宅ローンアドバイザーからのアドバイス

 

お家を建てる方や購入される方の90%以上の方は、「住宅ローン」を使います。

 

 

ただ皆さん、知っていましたか?

 

住宅ローンを借りる時期がちょっと変わるだけで数十万円、数百万円と、得をしたり損をしたりする可能性があることを。。。

 

 

 

住宅ローンには当然、利息がかかってきます。その利息を決める「金利」は、実は毎月変わっています。具体的に計算すると、例えば、3,000万円の借入を35年間の固定金利タイプの住宅ローンで、それぞれ「1.5%の時に借りた方」「2%の時に借りた方」がいたとします。

 

〇 1.5%の時に借りた方は、トータル約850万円の利息を払います。

〇 2%の時に借りた方は、トータル約1,170万円の利息を払います。

 

その差はなんと320万円・・・大きいですよね!

 

 

とは言っても、そんなに簡単に金利なんて変わらないんじゃないの~???って思われるかもしれません。でも、現実は・・・。

 

 

分かりやすいところで、「フラット35」という住宅ローンで比較してみましょう。

(※借入期間35年 融資率9割以下のタイプ)

 

 現在、H28年10月の最低金利は1.06%です。

それに比べて、H27年10月時は1.59%でした。

 

実は金利(特に長期固定金利)って、結構変わっているんです。

 

 

 

 

例えば…

 

よし!頑張って頭金を300万円貯めてからお家を建てよう!!って思った方がいたとします。でも、その300万円の頭金を貯める間に、金利が0.5%上がってしまったら・・・。

 

 

実は、その頑張って貯めた分の300万円以上の損をしてしまう可能性があります。

 

 

 

住宅は金額の大きい買い物です。そのため、このようにちょっと勉強していれば数十万円、数百万円と支払金額が変動する可能性があるのです。

 

 

家づくりを決意されても、住宅ローンのことはまだ勉強していない…という方は、建物をたくさん見る!と、いうのももちろん大切なことですが、視点を変えて、ぜひ家づくりの「お金」のことも勉強してみることをお勧めします。

 

 

人生で一番高い買い物は「お家」です。でも、それを購入するために利用する「住宅ローン」の選択次第で、3000万円の土地建物が、4000万円にも、5000万円にもなる可能性があるということを知っておいてください。

 

どうせ3000万円で土地建物を完成させるなら、なるべく3000万円に近い金額で返済を終わりたいですよね? であれば、住宅ローンについても勉強をしなければなりません。

 

 

 

住宅ローンの勉強をしてみませんか?

 

リグスタイルカンパニーでも、住宅ローンをはじめ、家づくりの「お金」の勉強会を、セミナーや個別相談で行っています。ぜひぜひ、お気軽にご参加してみて下さい。

 

お金のことだとシビアになりがちですが、一緒に楽しくお話ししましょ~!!

 

 

それでは、また!!

 

 

 

%e8%b3%87%e6%96%99%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%80%80

 

Copyright ©2018 LIG STYLE Co.,Ltd. All Rights Reserved.