建築家とつくる自然素材の注文住宅は岐阜のLIG STYLE CO.

お電話でのご予約・お問い合わせ

058-249-1117

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
HOME > 注文住宅コラム > 注文住宅の坪単価表示について

注文住宅の坪単価表示について

2016-10-01

 

家づくりをはじめようと思い立ったとき、どこのビルダーで建てられるのか、おおよその価格帯を調べて

展示場やビルダーまわりするという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでよく耳にするよく「坪単価」という単語。基本的なことではありますが、今回は坪単価についてお伝えします。

 

 

 

◆坪単価とは

 

坪単価とは、家を建てるときの1坪当たりの建築費のことです。

 

建物の「本体価格」を延べ床面積(坪)で割った数値のことです。1坪はおよそ3.3m²で、家を建てる時のおおよその目安として一般的に参考にされている数値です。

 

例えば、延床面積40坪の家が2400万円だとしたら、坪単価は60万円ということになります。坪単価を見れば、会社別・商品別のグレードを大まかに知ることができます。

 

 

 

◆坪単価の落とし穴① 「延べ床面積」か「施工床面積」

 

坪単価を計算するときには、「延べ床面積」か「施工床面積」が利用されます。どちらを使うかによって

坪単価が変わってきますので注意が必要です。

 

「延べ床面積」には、ベランダ、小屋裏収納、地下室、玄関ポーチなどは含まれません。一方「施工床面積」はそれらを含んで計算するので、「延べ床面積」よりも「施工床面積」の方が広くなります。その結果、坪単価は「施工床面積」で算出した方が安くなるのです。

 

会社によってまちまちですので、どちらで算出されているか確認しましょう。

 

 

◆坪単価の落とし穴② 建物本体とそれ以外の諸経費

 

ご存知の通り、坪単価とは、建物の本体価格を延べ床面積で割った数値のことです。この場合の建物の本体価格には、一般的に屋外設備工事費などの「別途工事費」や各種税金などの「諸経費」などは含まれないと考えておきましょう。

 

坪単価20万円台、30万円台などという広告を見て『この価格なら建てられる!』と思うかもしれません。しかし、あくまで最低ラインの価格表示であるため、別途費用がかかることを忘れないように注意が必要です。

 

 

 

◆坪単価の落とし穴③ その他の注意点

 

坪単価を計算する際の「本体価格」の基準も各社まちまちです。本体価格は、あくまでも建物本体の金額であり、この金額内の工事では、残念ながら住める状態にはなりません。ただ、照明器具やカーテン、エアコンなどの設備費まで含めて算出する住宅会社もあります。大きな違いですのでしっかり確認しましょう。

 

また、長さの単位として、日本では一般的に尺モジュール(1単位がおよそ910mm)を採用することが多いです。ただ、数年前から、メーターモジュール(1単位が1000mm)を採用するビルダーも増えてきました。同じ6畳間でも、メーターモジュールと尺モジュールでは、約1.2倍メーターモジュールの方が広くなるため、同じ間取りでも延べ床面積が変わってきます。

 

 

 

坪単価は、あくまでもおおよその目安に過ぎません。

 

会社によって、常時されている坪単価の基準が違うことを理解し、複数社で比較検討をする場合には、諸経費などを含む「総額」で判断することをお勧めします。

 

もちろん、不明点はその都度、住宅会社の担当者に確認するとよいでしょう。

 

 

 

それでは!また!!

Copyright © LIG STYLE COMPANY All rights Reserved.